November 26, 2015

買付け珍道中ブログ 2015 Nov その1


さて。また間が空いてしまいましたが、
恒例の買付け珍道中写真日記を。

でも得意の写真撮り忘ればかりなので
文章中心のブログになっちゃうと思いますが。


今回は、飛行機代を少しでも安くする為にケチって乗り継ぎ便を選んだんですが、
コレが面倒な事になってしまったのです。。

最初の目的地、デトロイトへは成田からまずダラスで
三時間程のトランジットを経て到着する予定で、
まずは何の問題も無くダラスに着。

入国審査を受けて、時間に余裕があるので
一回外にタバコを吸いに行く事に。
お迎えの天気はなかなかの雷雨と強烈な湿気で残念。

video

動画だと(例によってスマホだと見れないと思います)あんまり伝わらないかも。
とにかくカミナリ鳴りまくりの大雨。

普通に水浸しのタクシー乗り場。 

余裕こいて飯食ってたら、とっくに乗継便の搭乗時間。
ちょっと急いで搭乗口へ。


ところがターミナルを移動する電車が悪天候で動いてない。
なんか嫌な予感。。

ゲートに着いたが搭乗時間を過ぎても一向に搭乗が開始されない。

まあ少し遅れるんだろう位に思ってイヤフォンで音楽を聴きながら待機してると、
暫くすると搭乗口回りの人達がいきなり慌ただしく動き始めた!
慌ててイヤフォンを外したが、アナウンスを聞き逃してしまった。。

搭乗口変更か?と思い隣りに居た人に聞くと、
「キャンセルだよバカヤロー(的な)」と半ギレで移動し始めた。
どうやら向こうの方のカウンターでチケットの取り直しを承る、
との事らしいすわ。。

ここで、一人でデトロイト旅行に向かっていた26歳の川端君と出会いまして。
困った時は助け合いって事で情報を共有して対策する事に。

で、カウンター長蛇の列に並んでいると、
ラッキーな事にブッキング専用番号を渡されたので速攻かけたが、
すでにデトロイト行きの直行便は空きが無いと。。
今日最も早く行けるのは、フィリー経由で深夜デトロイト着。

仕方ないのでその便を予約して、
そのフィリー行きの便はすぐ出ると言うので慌てて移動。
ところが、搭乗口に着くと今度はその便が5時間の遅延とな!

この時点で、今夜のフィリー→デトロイト行きの便にも間に合わない事が確定。。


雨はだいぶ止んだが、
同じ様に欠航便を食らった人達で悲壮感の漂う喫煙コーナー。。

もういいや、と諦めて5時間の待機を満喫するモードにチェンジする事に。
ダラス空港からさほど離れていない距離にレコ屋があるので、
タクシーで行ってみる事に。

タクシー乗り場でタクシーを捕まえようとすると、係員のおじさんが
「もし乗継待ちなら、洪水で大渋滞だから帰って来れなくなるから行くな!」と。
うーーん。確かにこの状況で便を逃すとさらに悲惨なので、
ビビって空港内で待機する事に。

結果的には、ダラスの空港内に11時間いました。。
ヘトヘトでフィリーに着いて、川端くんと一緒に近くに取ったホテルへ。

スーツケースはフィリーには運んで貰えなかったので、着替えも何も無し。
近くのバーでビールをto goして、フィリーで一泊。


翌朝、窮屈な国内線でようやくデトロイトへ。

この日は朝からレコードショウの予定だったので、
一分でも早くレンタカーを借りて空港を出たいと思っていたのに、
届いているハズのスーツケースが無い。
はい、出ました。ロストバゲージっす。つまり紛失。
「たぶん明日の便で来るだろうから、明日また連絡して」と。
これで少なくとももう一日セイムパンツ決定。。

っていうか今夜にはデトロイトを離れる予定なんですが。
明日来てって言われても。。

まあ、無い物は無いんだから、怒っても仕方ない。。
ここでお互い旅の無事を祈って川端くんとは別れ、

さあ買い付け開始や!


レンタカーを借りて、結局昼過ぎにレコードショウへ到着。
スーツケースに入れてたポータブルプレイヤーも無いので、
試聴が自由に出来ないと言う悲しい現実。。

結果はやっぱりあまり芳しくなかったす。。泣
ほぼ試聴してないのでニューディスカバリーもほとんど無し。泣


クヨクヨしても仕方ないので、例によって8 mileロードをスルーしつつ

時間の許す限りレコ屋攻めまくり!
閉店後に明日のレコショウ用のレコードを
フライングで見せてもらったり、
気合いでなんやかんや結構買えたりして。

道路工事中の作業員を轢くと、
約90万の罰金と懲役15年ですって!
看板立てる程そんなにしょっちゅう轢かれてるのか?

で、デトロイトを発つ直前、夜中に空港へ行きなんとか
スーツケースも再捕獲(2時間ぐらいかかったけど)...
これでようやく日本から履きっぱなしだったパンツと靴下を替えられる!笑

で、翌日は近くの街アナーバーでレコショウなので移動。


得意の深夜チェックイン。
これは、「もうフロント係は帰ったから、
そこにある鍵を持って勝手に部屋に入って。
チェックイン作業は明日の朝してね。」
という張り紙。こんなん慣れたモンです。

で、翌朝チェックインとチェックアウトを同時にして、
レコードショウからスタート。
アーリーバードが$15もするのに、
ディーラーがほとんどアーリーの時間に来ないし、
ユルっユル。

レコショウの後は今日も周辺の街をレコ屋/ディーラー回り。


アメリカの田舎の土地の余りっぷりは、
レコ屋も無駄なスペースを有効活用出来ないレベル笑

Yelpも、田舎だとあんまり効果なし。。
まあまあ高評価だった店で
パッタイ食ったけどあんまり美味しくない。。
一人飯だからってもあるかも。ううう。

そんなこんなでヘトヘトになりながら、
時差を超えて約5時間弱のドライヴで、
今までずっと避けてきたシカゴへ乗り込むことに。

って事で、まだまだ続く東海岸買付け珍道中続編はまた近々。


*********************************************
ここでも少し使っていますが、インスタグラムでも旅の模様を
チラチラとアップしてましたんで良かったら見てみて下さい。

買付けで大量に仕入れて来たレコードさん達はもちろん、
こちらにドシドシUPして行きますので、お楽しみに!
*********************************************

No comments:

Post a Comment