April 16, 2020

営業活動支援プロジェクトの紹介


もう皆さんはご存知でしょうし、
既に支援された方も多いと思いますが、
新型コロナウイルス問題による様々な業界の危機同様に、
クラブ業界も経営が危ぶまれています。

ようやくオルガンバーも準備が整った様なので、
現在自分が中心的にレギュラーイベントを開催させて貰っている2店舗、
オルガンバーと青山蜂の営業活動支援プロジェクトを
紹介させて頂きます。

1日でも早く今まで通りパーティーできる日を望むばかりですが、
その為には今はひたすら忍耐が必要な時ですね。

みんなで支え合って、一緒にこの危機を乗り越えましょう!
(青山蜂の方は4/27(月)が受付締切になっていますのでお早めに)




April 11, 2020

アメリカ買付け珍道中写真ブログ 2020 Feb


新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言から数日。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

個人的にも社会的にも、
経済のことを考えると憂鬱にしかなりませんが、
こんな時こそ心に余裕を持って、
家でゆっくりとレコードに針を落とす音楽旅行がオススメです。
(当店では商品のクリーンナップは元より、梱包も、
除菌した環境で行っておりますのでぜひ安心してご利用を!)

そんな中、というかその直前、
というか、
騒動が爆発的に広まった二月末、
(すでに前から予定してしまっていたので)
アメリカ西海岸へレコード買い付けに行ってたんです。

コロナ(COVID-19)問題が表面化しはじめたタイミングでの
アメリカ渡航記録と言ったら貴重な感じがしますが、
いつものくだらないルーティーン旅なので
コロナ対策に有益な情報が含まれている訳ではありませんが。。

自宅で過ごす暇つぶしの一つにはなるかと。
どうかお付き合いください。


こんなタイミングなもんで、羽田空港はいつも以上にガラガラ。

この時点ではまだマスクの着用率は低かったですが、
特にアジア系外国人と見られる雰囲気の人は、
まるでガスマスクの様なマスクを着けている人もいました。

ゲート内のフードコートで、
医療用手袋をしてマスクを一口ごとにズラしながらラーメンを食べている人を見て、
なんだか凄い事が起こり始めてる実感が湧いてきました。。
(と同時に、ラーメンくらいガマンすれば良いのにとも思いました笑)

で、自分もいつもの六厘舎で腹ごしらえしてから搭乗です。
この時点では、こうゆう日常行為に危機感は感じてませんでした。

今回はつけ麺ではなく普通のラーメン(と餃子も食べてしまった…)に。
やっぱりつけ麺がいいかも。。

相変わらずいつまで経っても国際線で
アップグレードされない万年エコノミー君ですが、
今回はスーシー先輩にオススメしてもらった
ヒンドゥー・ビーガン食をリクエストしておいたんです。

機内食を少しでも楽しもうと!

機内の明かりのせいもあって、写真は普通にマズそうですねw

でも、結論は正解!

インド風?スパイシーな味付けと必要最低限の食材で、
いつもの機内食より全然美味しかったです。
実際にヒンドゥー教徒やビーガンではなくても、
味の好みだけでリクエストして全然問題無いみたいです。
みなさんもお試しあれ。

でも乗務員さんにはビーガンだと思われているので、
食後のアイスクリームは貰えませんでしたw
(ちょうだい!って言えばちゃんとくれるそうです)

アメリカ到着。この時点ではまだLAX入国審査はいつも通りの激混み。。

さて、レンタカーをゲットして、
タイトな買い付け前半のスタートや!

と、出発前にナビ等の車載用品を取り出そうとすると、、
なぜかスーツケースの鍵が開かない。。

実は、今回は買い付けの後半に久々の観光プランを計画していて、
アウトレットとかも行こうと思ったので昔使ってた
デカいスーツケースを久々に持って来たんです。

でも、開くはずの番号で開かない。。
仕方なく数字をゼロから回していってみるも、
徐々に指が痛くなり。。困ってメーカーに電話すると、
直営店に持っていけば開けてくれると!

急遽予定を変更して、レコード買い付けには
縁遠すぎるロデオドライブにあるカバン屋へ、、

バカッ晴れのLAに着いていきなり、わざわざ名物渋滞方面へ泣きながら向かいました。。

専用工具?みたいなのでサクッと開けて貰って助かりましたー。

でもそういえば、前にも同じ様な事があった気が。。

と思って帰国後ネットで調べたら、
やっぱりよく起こる現象みたいですね。
どんなに頑丈で軽くても、
いきなり鍵開かなくなるんじゃダメでしょ。。

買い付けに来たのにこんな所で一人で汗かきながらスーツケース転がして、
俺は一体何をやっているんだ。。

同じ様にスーツケース引いた日本の卒業旅行?
みたいな観光客の女性達と目が合ったので
ニコッと会釈したら、怪しい顔でプイッとされた様な気もしますが、、

...とにかく問題は解決したので、
気を取り直して買い付け旅のスタートです!

今回の相棒は、安定の日産Altima。
アップデートされてちょっとイカつい顔に。
アルティマもBluetoothで車内モニターからiPhoneのMapも見れる様に。
ますますカーナビ要らんなあ。
2020年2月末のロサンゼルス。

数週間後にスーパーから食料全てが消えるとは思えない、
平和な街並みです。feat. DJ Mustard…笑
(現在はもう結構落ち着いてるそうです)

今回も前半のLA市内滞在は一瞬。
半日だけ、数件のレコ屋に回るだけです。

ビビリな自分は、勝手知ったる屋内にだけボムw
これが何処のドアか正確に分かればあなたはLA通。

相変わらずTrader Joe’s信者な自分は、
ロング・ドライブのお供はコレで十分。
このシリーズ全部ウマイです!

そういえば、アルコール入りの除菌スプレーが
日本で入手困難との事だったので、
グレープフルーツの香りが良いトレジョーの除菌スプレーがお土産に良いな!
と思ったんですが、売ってませんでした。

でもトレジョーは全米にいくらでもあるので、
そのうちどこかの店舗で売ってるでしょ、と。


ん?

次の店も、その次の店も無い。さすがにおかしい。


いやいや、どこに行っても売ってない!!!

普段からTrader Joe’sはかなり行くので、特に今回は
10店舗以上行ったと思いますが、どこもコレだけ売り切れ!

調べてもトレジョーの公式サイトでは何故か
商品ページすら出てきませんでしたので、
検索して出てきたWalmartのリンクで。
($2→$9で売ってたんかい!)

そうなんです。
実は、すでに2月末の時点でアメリカ国内の
買い占めは始まっていたんです。。恐ろしい。

そんな実情にちょっとビビりつつ、
自分は田舎方面へ走っていきます。

流れるラジオ局がかなり限られる田舎道で
(最近の車はCDも聴けないので)mp3等を用意し忘れると、
ヤケになって爆音でこうゆう感じで運転します。笑

っていうか、眠気覚ましに意外とイイです。

深夜。辺り一面に強めの牛の香りが漂う田舎街に投宿。
何も伝わらないでしょうが、
もし画面から匂いが伝わる未来が来てたら、
あなたはひっくり返ってるレベルです。笑


フラフラとレコードをかき集めながら西海岸の街をウロウロして、
ベイエリア辺りまで来ました。

ニュースによると、大都市サンフランシスコでは、
すでに緊急事態宣言が発令された!と。

でも着いてみるといつもの渋滞。いつものごった返す街。

緊急事態宣言って何?って思いました。
この時はまだ強制的な発令は無かったので。

(どこかの首都の現状に似てるなー)


もはや恒例となった、どうしても動画を撮りたくなるベイブリッジ
(夜ヴァージョン)


後半で楽しもうと思っているのもあって、
今回はお得意のChipotleクイックランチ多めです。

何度も言ってますが、こうゆうファストフードが早く日本展開すれば良いのに。

これ、どこの店だったっけな、、
照明的なこうゆうカラーヴァイナルの使い方、
いつか絶対ウチでもやりたいす。

バークレーでは食べずにいられないルーティーンなArtichokeピザ食って

朝のアポをドタキャンされたのでPameraに朝食に行ったら、
爺さん達がわんさか集まって朝食してました。

アメリカでは直前に猛威を振るっていた
インフルエンザの話題で、コロナ以前に
ピリピリしててもおかしくないんですが、街は本当に普通。
焦って買い占めする人がいるのに、街の人に危機感はあまり無く、
緊急事態感はマジでゼロ。

(どこかのアジアの首都の現状に似てるなー)

もうとにかく、自分はすでに買い付けに来ちゃってるし、
気にしても仕方ないのでとにかく集中してレコードをかき集めます。


そんな自分は爺さんになっても、
こうゆうのばっかり気になり続けるんでしょうね笑

憧れのナショナル9インに遂に投宿。
アメリカのモーテルの象徴的な存在であるスーパー8の居抜きを使って、
(インスタのストーリーで間違えてMotel6って言ってましたが)
ロゴもそっくりで間違えさせる気満々なモーテルです。笑

ルーティーンおじさんはいつものタコス・プレート平らげてLAへ帰ります。
暖かいキャリフォルニアでは、もう桜が咲き始めてました。
分かりづらいですかね。。


そんな感じで、買い付けは終了〜。
思ったより買えたし、短い旅のワリに満足な内容!です。


って事で、サンタモニカのビーチとか行っちゃったり。
仕事を忘れて久々にチリン・モードです。

気持ちいいーーー!
でも、こうゆう所も今はガラガラなんでしょうね。。

Aretha Franklinの追悼花を供えに行って以来のウォークオブフェームも。
考えたら、まともに端から練り歩いたのは初めてかも。

デトロイトの星、Holland-Dozier-Hollandも居たのか。

予定通りアウトレットで特に使う予定の無い物の
ショッピングを楽しんだり笑、
観光エリアでご飯食べたり。


で、帰国前に、日本でトイレットペーパーが
買えないとの情報が入りまして。

かといって、アメリカからトイレットペーパーを
買って帰るなんてバカみたいでしょ、と言ってたんですが
帰国後見事に買えず、一瞬インド式を検討するほどに、、笑
買ってくれば良かったとちょっと後悔しました。

Antibacterial(抗菌)系のウェットティッシュも軒並み売り切れでした。




で、3月頭に帰国しましたが、
そこからの状況は皆さんご存知の通り。
正直、旅中の自分は大した事ないだろうとナメてました。

当然、イベントや楽しい集まりも中止に。

その後一気に状況が悪化したアメリカ、特にNYは、
即座にロックダウン等の政策で街に出られなくなりました。
行政の「命令」でNY市民達は一時辛い思いをしましたが、
友人達は日本のニュースを見て
「アメリカはロックダウンである程度の効果が出てるのに、
なぜ日本はやらないんだ?」とメールくれたり。

おっしゃる通りでゴザイマス。僕には分かりません。。
自分が見た限り、2月末の西海岸の様子は今の東京の雰囲気そのものかと。

状況はどんどん変化してどうなるのか分かりませんが、
今はとにかく、みんなが可能な限り出歩かない様にして、
感染拡大を食い止める努力が必要である事は間違いないですよね。

今後もイベント関連は暫くお休み
(レコード物販で参加させて貰ってるCaptain Vinylも)ですが、
こんな厳しい状況をみんなで協力して乗り越えましょう!
そして、過ぎ去った後には、またパーティーで乾杯!しましょう。

不要な外出は控えましょうね。マジで!

とは言っても、早くみんなに会いたいなあ。

皆さんにまたお会い出来るのを楽しみにしています!
ではでは。

*********************************************
ここでも少し使っていますが、インスタグラムでも旅の模様を
チラチラとアップしてましたんで良かったら見てみて下さい。

買付けで大量に仕入れて来たレコードさん達はもちろん、
こちらにドシドシUPして行きますので、お楽しみに!

*********************************************

March 9, 2020

The Boogie Back vol.20




こんなご時世ですが、、しっかりと予防対策を施して開催することになりました!
もちろん、状況の変化に応じて開催内容を変更する場合はありますが、各自で手洗いうがい、体調管理をしっかりしてパーティーを楽しんで色んな懸念をぶっ飛ばしましょう!

ところで、イベントの雰囲気を味わってもらう為にブギバのプチMIXをアップしましたんで是非聞いてみてください!



Funk, Disco, Breaks and Hip Hop party style-
The Boogie Back vol.20
2020/3/21(Sat)
at Organ Bar, Shibuya, Tokyo

[DJ]
・KOGATAROO
・MITSUBACHI
・discoSARA
・仲山慶(ULTIMATE 4TH)

[Dance]
・FOOL(Freedom Liberator/VIBEPAK/C.O.T)
・kanayona
・discoSARA

[Drinking]
・Tomo (Funkastick)

[Food]
・SPAM ACT.

OPEN : 22:00
DOOR CHARGE : 2,000yen (1D)
W/FLYER : 1,500yen (1D)

February 5, 2020

The Return of Extra! Extra! 0223





深夜帯の開催が出来なくなってから会場を移して行われてきたExtra! Extra!が、日曜夕方開催となって古巣の青山蜂に帰ってきます!

2F〜4Fの3フロアでは、オナジミのレギュラーメンバーに加え毎回多彩なDJを迎えて、これからは偶数月第4日曜日の夕方5時から終電までという時間帯で開催されます。

そんなバッカゲンに相応しい動画フライヤーのデザインは、今回も巨匠KCD氏!
(The Rap Packに模したトレーディング・カード風動画もやばい!)

深夜ではないので、これからはご家族もお誘い合わせの上でどうぞ。
お待ちしております!

The Return of Extra! Extra!

場所 Place : 青山蜂 Aoyama Hachi
日時 Date : 2/23(日) 5pm - 12am (Sunday Feb 23)
料金 Fee : 1,500yen

DJs
2F : Koco aka Shimokita / Ryuhei The Man / Tus-One / Kogataroo / Kumiko
3F : Masaru / NK Sunshine / Shoki / Jun aka Funkyman / Oh My God / Konomama
4F :  The Silver Child / @&M / Yusuke Ozawa / Gocci / Sasasa / Aki

Food : 鮎

Supported by : Breakwell Records / Crystal Gypsy Vinyl / Discogs / Groovenut Records / Kcdsgn Serv. / Promenade Records / Soul Clap / Vinyl Whiz / Yo! Bros Pro.

January 27, 2020

アメリカ買付け珍道中写真ブログ 2019 Dec + ジュネーヴ w/ DJ Koco


やろうやろうと思って後回しにする事約二ヶ月、
いつも通りですが、時間が空いてしまったので
思い出しながら書きます。
昨年11月末〜12月にアメリカ西~東海岸と渡った買い付けブログでございます!

いつにもまして撮った写真が少な過ぎなんですが、
やる気がないわけではございません!

ですので、インスタグラムのストーリーにあげた
アーカイヴの流用メインですがお許しを、、
(ストーリーは結構マメにあげてたんですよ)

という事で、しばしお付き合いくださいませ。


実は、買い付けの直前に
DJ Koco a.k.a. Shimokita先輩のアテンド通訳代理として
急遽スイスのジュネーヴに行ってきたんです。

楽しすぎて自分でもビックリするくらい
写真を撮ってなかったんですがw

まずはそちらの様子を軽く...


東京からアブダビ経由で片道22時間の
エコノミー苦行を乗り越え、、

これはアブダビからジュネーヴ行きの飛行機(たぶん)に乗るところ。

っていうか携帯で普通に撮った旅中の写真はこれ一枚。笑

早朝ジュネーヴに到着、仮眠したら快晴の街を散策。
初めてのスイスでしたが、
予想通りとても気持ちの良いところでした。


夜はまさかのBilly Cobhamライヴ!


当然っちゃ当然なのですが、
自分たちが好きなファンクな楽曲よりも
前衛ドラムまっしぐらなライヴでした。

ライヴ前にはLarge Professor
Zhané等の豪華なイベント参加アーティスト達と
お食事会にも参加させてもらいました。

大好きなシングル”Moon Germs”にサインをもらいました!

翌日。
共演のラージ教授も一緒に、まずは地元のレコ屋を攻めます。


あんまり時間ありませんでしたが、
ヨーロッパ盤オンリーのシングルとかを
少量ですがちゃっかり買い付けましたので、
US盤に混ぜて少しづつwebにもアップしますよ。

で、サウンドチェックを終えたら、
歴史的な建造物のカッコいい会場で
イベントがスタートです!
(こうゆう写真を全然撮ってないw)

一番手にプレイしたスイス代表のDJ
Sebb Bashがいきなり最高でした!


聞いたことないマニアックなブレイクから定番、
ネタ物にブギー、B-Boyブレイクまでを
凝った二枚使いで縦横無尽にプレイしてました。
ちなみに全部7インチ。

プレイ後に話したら元々NYFat Beatsで働いていたらしく、
共通の知り合いも多くて意気投合!
近いうちに東京で一緒にDJやりたい!
乞うご期待でございます。

で、問答無用のラージ教授を挟んで、
我らがDJ Kocoサマ!

どうだったか?なんて説明不要ですよね。
いつでもどこでも常に会場をガッツリとロックですよ。
最後は”Chick A Boom”ブレイクでラージ教授も
おもわず”Looking At The Front Door”をキック!



ZhanéRenee女史も同様に
テンション上がってキックしてたんですが、
ちゃんとした動画撮れてない、、ごめんなさい。
いやー、しかし最高の空間を
間近で体験できてラッキーでした。

で、帰りも20時間かけて東京へ。

|
|
|

その翌々日。いよいよ本題、レコード買い付け出発です!

今回の買い付けは二部構成でした。
サンディエゴで行われる二日間の
Freestyle Session World Finals(以下FSS)
に三年ぶり?に参加する為に、まずは一路LAへ。

いやほんとマジで驚くほどに写真を撮っていないので、、
こちらもストーリーの使い回し多めでお許しを。

ジュネーヴ行きとは違い、
慣れたLAX便移動でサクッとバカッ晴れのキャリフォルニアへ。

空港に着いてまずを何をしたって、前回の買い付け時に

当然ですが、普通のジャンクなサンドでしたw

LA滞在はとても限られた時間でしたが、
行った事ないタコス屋チェックも欠かせません。

すぐにサンディエゴへ移動して、やはりまずはタコス屋をチェック。

数年前にLa Jollaでも食べたTaco Stand
こちらもとても美味しかった。

翌日はもうFSS本番なので、
夜はマイメンCharlie RockKid Riz
プレイするプレ・パーティーへ。
ここで以前Suwさんのイベントでご一緒したNYレジェンド、
K-Won氏と再開。
ぶっちゃけキャストをほとんど確認せずに来てたので、
めちゃくちゃ上がりました!

写真はK-WonさんのFBより拝借。Suwさんのジャージ着てた!

さらに日本のFSSでも以前ジャッジしてもらった
Trac2氏もいたけど写真なし。。

翌朝ももちろんバカッ晴れ。

少し寝坊wしてFSS会場に着くと既に熱気ムンムン。

もう15年来のマイメン、Elementは相変わらずコスリもうまい。

カナダからスペシャルゲストのSkratch Bastid
さすが上手いし美味い!

自分は昔作ったオリジナル曲や国産曲をメインに色々プレイ。
気心の知れた仲間達とのデッキ・シェアは単純に楽しいです。
(でも写真全然撮ってないw)

で、翌日は早朝から北上してレコショーへ。
束の間の買い付けもちゃんとやらないと。

ぶっちゃけマンネリ感すらある勝手知ったるレコショーですが、
気を緩めず頑張ってまあまあゲット。

渋滞の中再びサンディエゴに戻り、
2日目のFSS会場となる大型カジノ・リゾートへ。

この日は後半からRed Bullのライヴ放送が入って
既存曲のプレイがNGという事で、観客に徹するハメに。。
B-Boyバトルのシーンもどんどん変化してるんだから、
そろそろスタイルを合わせないと!と反省も少し。

とはいえ、今回も日本人B-Boys/B-Girlsが活躍してましたよ!


で、短い西海岸滞在はあっという間。翌日の国内線で一気にNYへ。

今回は深夜着便なので、ケチってJFK近くに宿を取り
翌日からレンタカーを借りるプランに。

クイーンズの朝。

電車でJFKに戻ってレンタカーをゲットして、
さあ買い付けスタートです!


今回は真冬なので、相棒は黒カムリです。
NY市内のレコ屋は数年まともに回ってなかったので、
久々にちゃんとレコ屋巡りをしてみよう!と。

ところがたった1日で無理やり回ったのでバタバタ。
そんな中でも時間を合わせて無理に会いに来てくれた、
Chairman Mao & Boogie Blind
旅してると、こうゆうのが何よりも嬉しかったりします。

DJとしては説明不要ですが、人柄も最高なんです。
色々とお手本です。

写真がほとんどないので割愛しますが、
NYを離れたあとは、東海岸の街を縦横無尽に
移動しまくり&攻めまくり。
(↑一番大事な所を最も割愛w)

で、11月の第4木曜日は感謝祭。
サンクスギビングってやつです。
ほとんどの店もディーラーももちろんお休みなので、
この日はK-Prince師のお宅にお邪魔して、
家族の休日に図々しくも混ぜてもらいました。

裏庭の落ち葉集め手伝って、
可愛すぎる愛娘のカコちゃんと遊んで、
奥さんのマユさんに色々相談乗ってもらったりして、
最高に暖かい幸せ家族に混ぜて貰って、
買い付けモードを忘れてとても幸せな時間を過ごさせて貰いました!

翌日はMaoさんとも再合流して、
ご飯食べたりレコ屋行ったりドーナツ屋行ったり。

これはMaoさんが撮ってくれました。
撮る写真もおしゃれ〜

で、またレコードかき集めの旅へ。

翌週末はワシントンDCへ。
FSSでも一緒にプレイしたマイメン、DJ Flegのパーティー
"4 Hours Of Funk"に急遽参加させて貰いました!

はしゃぎすぎたのか、酔っ払いすぎたのか。(どちらもです)
まともな写真が一枚も無いので、フライヤー画像のみw



特に80年代初頭〜90年代初頭くらいにアメリカのレコ屋でも
よく値札等として使われていた蛍光の定番シール、
どうしても再現して作りたくて色んな所で聞いて回りましたが、
日本国内では納得のいく物が作れませんでした。
なので、アメリカで作って来ちゃいました。

スペシャルサンクス to K-Prince!

Breakwell Recordsのご注文商品にいつものシールと一緒に
ランダムで封入していますが、入っていない場合もあります。

写真だと分かりづらいですが、
ブラックライトの下とかではケバケバしく光る
ざっくり質感の蛍光シールなんです。

欲しいっ!て思うマニアックな方は、
ご注文時に備考欄に蛍光シール欲しい!
って書いてくれればご注文のレコードに同封します。
もしくはイベントの時などに声をかけてください。

そしてヴァージニア州リッチモンド。
いつもの定番フォーはお店の名前が変わって、
前評判でダメと聞いていたので、
代わりにできた?二号店へ。朝一で!


うーんハッキリ言って結構違うけど、
他の平均的な店よりは断然うまい!

そんなこんなでレコードかき集めて、今回の旅ももう終了。

帰国便はミネアポリスでの乗り換えだったので、
空港に新しく出来たと言うプリンス・ショップもチラ見。
グッと来るグッズもいくつかありましたが、
今回は我慢。次はたぶん買うけど。。



色々と遊びの多い旅でしたが、
結局はたくさんいいレコード買えたので
早くどんどんwebにアップしないと。

いつも同じシメですが、
今回もいろんな友人知人に助けられての最高な旅となりました。
本当に感謝でございます!

次はもっと早めに日記のアップしますw

*********************************************
ここでも少し使っていますが、インスタグラムでも旅の模様を
チラチラとアップしてましたんで良かったら見てみて下さい。

買付けで大量に仕入れて来たレコードさん達はもちろん、
こちらにドシドシUPして行きますので、お楽しみに!


*********************************************

December 26, 2019

The Boogie Back vol.19 -3rd Anniversary Special-

Funk, Disco, Breaks and Hip Hop party style-
The Boogie Back vol.19
-3rd Anniversary Special -
2020/1/18 (Sat)
at Organ Bar, Shibuya, Tokyo

[SPECIAL GUEST DJ]
・MURO

[GUEST LIVE SET]
・CAT BOYS feat. asuka ando

[DJ]
・KOGATAROO
・MITSUBACHI
・discoSARA

[Human Beatbox  Live]
・AFRA

[The Boogie Back Dancer’s Special Freestyle Session!!]
・Lil’LOCA
・SUV (NAT/yaωaraka)
・MIMURA (RICE BALL/WHEREABOUTS)
・discoSARA
& more

[Drinking]
・Tomo (Funkastick)

[Food]
・SPAM ACT.

OPEN : 22:00
DOOR CHARGE : 2,000yen (1D)
W/FLYER : 1,500yen (1D)

※振る舞い酒、振る舞いフードあり。

December 23, 2019

EXTRA! EXTRA! -忘年会- 1229



[EXTRA! EXTRA! -忘年会-]
.
DJs : Koco a.k.a. Shimokita / Ryuhei The Man / Tus-One / Kogataroo / The Silver Child / Masaru / NK Sunshine / Kumiko / Shoki & more
.
日時 : 12月29日(日) 17時〜23時
会場 : Upstairs Records & Bar 下北沢
入場 : 無料 (1drink order)